東生野愛育園は、大阪市生野区の保育園です。 東生野愛育園は、お子様の健康と健やかな心を育み、子育てに貢献しています。

社会福祉法人 成光苑

0.1.2歳児 保育参観・給食参観試食会

2019年3月5日

1/30に0歳児、2/5に1歳児が保育参観・クラス懇談会・給食試食会を行い、2/7に2歳児が保育参観・給食参観試食会を行いました。
各クラスでは、歌や楽器あそび、絵本を題材にした表現あそび等を保護者の方に見ていただきました。

≪もも組(0歳児)≫

朝の会では、『豆まき』『りんごがゴロゴロ』などの歌をうたいました。歌に合わせて身振り手振りをつけて楽しんでいました。また、楽器遊びでは『山の音楽家』に合わせて手作りのマラカスをシャカシャカ上手に鳴らす姿が見られました。名前呼びでは自分の名前を呼ばれると「はーい!」と元気に返事をしてくれていました。
子どもたちが大好きな絵本『あーんあん』を題材に表現遊びもしました。泣き出してしまうことなく「おいでー!」とお友だちを呼ぶ姿や元気いっぱい体操する姿を見てもらうことができました。

   

≪ちゅうりっぷ組(1歳児)≫

初めは保護者と離れることが寂しく泣いてしまう子どもも居ましたが、徐々に雰囲気に慣れてくると季節の歌や子どもたちが大好きな『いぬのおまわりさん』等身振り手振りをつけながらうたうことができました。

また、『ぱっくんわにさん』の絵本を題材に子どもたちはワニに変身して表現遊びをしました。表現遊びの中で自分で頑張ってズボンを履いたり服のマジックテープやスナップボタンをとめたりする姿が見られました。「お名前は?」と聞かれると恥ずかしそうにしながらも自分の名前を答えることができていました。不安そうな表情を浮かべる姿も見られましたが、徐々に手を振ったり大きな声で歌ったりと笑顔が見られるようになりました。

   

≪たんぽぽ組(2歳児)≫

朝の会や名前呼び、漢字あそびの様子を見ていただき、歌『どんないろがすき』『ぞうさんのぼうし』楽器あそび『さんぽ』劇あそび『どうぞのいす』をしました。

保護者と離れて泣いてしまったり緊張する子どももいましたが、大きな声でうたったり返事をしたりと頑張る姿が見られました。
『どうぞのいす』の劇あそびでは、「参観頑張る!」と意気込んでいた子どもたちですが少し緊張で声が小さくなってしまう姿もありました。緊張しながらも台詞を言ったり歌をうたったり楽しむ姿も見られました。参観が終わってから「緊張した。」「恥ずかしかってん。」と保護者や保育士に話をしてくれていました。

   

給食参観試食会では、保護者の方と一緒に給食を食べることで泣いていた子どもたちも笑顔に戻っていました。また、当番活動で給食の配膳をしている姿を見てもらい、子どもたちはいつもより張り切って取り組んでいました。「お箸上手に使えてる!」と保護者の方に褒めてもらったり「これ美味しいな」と会話を楽しんだりしながら和やかな雰囲気で給食を食べていました。

 

今回の参観を通して、保護者の方々に子どもたちの普段の様子、また一年間の成長の様子を見ていただけたように思います。

ここをタップすると電話ができます
06-6751-3940