東生野愛育園は、大阪市生野区の保育園です。 東生野愛育園は、お子様の健康と健やかな心を育み、子育てに貢献しています。

社会福祉法人 成光苑

03/15 お別れ会

2019年3月28日

3月15日に5歳児が卒園するという事で全クラスが集まってお別れ会をしました。

4歳児が順番に司会をして進行していきました。

 

ぞう組は、最初に自分の名前と小学校名、また将来の夢を一人ずつ言いました。

みんな恥ずかしがることなく堂々と話すことができました。

 

 

クラスの出し物では、乳児クラスから可愛い「パプリカ」のダンスを披露してくれました。毎朝生野タイムで踊っているので、ぞう組も一緒に楽しく踊っていました。

3歳児は「♪カレンダーマーチ」の歌をうたいました。

少し恥ずかしそうに歌っていましたが、最後まで頑張って歌ってくれました。

 

4歳児は「♪はじめの一歩」の歌をうたいました。

ぞう組へ感謝にお気持ちを込めて歌ってくれました。

 

5歳児は、あやとりや竹馬、けん玉、跳び箱、縄跳び、空手、LQで作った作品等それぞれ自分の得意なことをみんなの前で披露してくれました。みんなからの応援や声援、拍手もあり盛り上がりました。

 

 

 

 

  

 

各クラスからぞう組にプレゼントを渡しました。

乳児クラスからは、ランドセルの形をした小物入れ、3歳児からはレターラック、4歳児からはペン立てをプレゼントしました。また5歳児からは、カレンダーを各クラスと事務所、給食室にプレゼントしてくれました。

 

その後、保育士劇「みんなともだち」という、小学校へ行ってもみんな仲良く友だちであることをテーマにした劇を見ました。

 

最後は、0歳児から4歳児まで「風と光と子どもたち」の歌のプレゼントをしました。みんな大きな声で気持ちのこもった歌をうたってくれました。

お昼は、みんなが楽しみにしていた給食バイキング。「おいしい~」「いっぱい食べる」「おなかいっぱいになった」等色々な声がでて、楽しみながら食べていました。

 

また、おやつもバイキングで5種類のお菓子と、カルピスが出てきて、「うわ~すごい」「カルピスすき」等と言いながら、沢山お代わりをしていました。最後は、子どもたちみんな満足して、「おなかいっぱい」と言っていました。

 

 

 

 

03/22 不審者対応訓練

2019年3月28日

生野警察署の方に来園していただき、不審者対応訓練を行いました。
今回は不審者が園内に入ってきた事を想定で訓練を行いました。刃物を持った不審者を園内に侵入させないために保育士がさすまたを使い防ぎました。子どもたちは鍵を閉めた部屋の奥に避難し、保育士が安全を確保しました。
 
訓練後、DVDを見せてもらい、警察官の方に約束事を教えていただきました。

1.知らない人についていかない
2.知らない人に連れていかれそうになったら大声で助けを呼ぶ
3.一人で遊ばない
4.遊びに行くときはお家の人にどこで誰と遊ぶのかを伝える
5.お友だちが知らない人に連れていかれそうになったら大声で助けを呼ぶ

DVDを見た後は幼児各クラスから1人ずつ、約束事が守れるか警察の方と実践すると「嫌や!」「助けてー!」と大声でいうことができていました。

 

子どもたちの安全を守るためにも、これからも防犯訓練に力を入れていきたいと思います。

03/01 ひなまつり会

2019年3月19日

 

3月1日にひなまつり会を行いました。

各クラスでで作ったおひな様を持ち寄り、代表の子どもたちがどのようにして制作したのかを紹介してくれました。少し照れながらも話したり説明をして大事そうにおひなさまを持って見せてくれました。

     

お雛様とお内裏様に扮した保育者が「ひなまつり」の由来についてペープサートを使って話をしました。

「ひなまつりのはじまりはいつから?」「三人官女って何をする人なの?」などクイズにして聞きました。

ひしもちの色(ピンク、白、緑)の意味をクイズで答えました。「1番だと思う人は手を上」「2番だと思う人はお雛様のポーズ」「3番だと思う人はお内裏様のポーズ」など身体を使って答えるという3択クイズに挑戦しました。子どもたちはそれぞれ自分が思う番号のポーズをしてクイズを楽しんでいました。

  

 

最後に各クラスに分かれて七段飾りの前で写真を撮りました。

 

 

給食では桃の形に型どったちらし寿司をいただきました。

美味しいちらし寿司に子どもたちは笑顔で満足していました。

 

 

 

 

2/27 幼児遊ぼう会・給食参観・試食会

2019年3月19日

2月27日に幼児遊ぼう会・給食参観・試食会を行いました。

東生野愛育園には様々な国籍もつ方が在籍し、保育目標の中にも「多文化共生の中でお互いを認め合い、尊重し合う心を育む」ということが含まれています。日々の保育活動の中でも、多文化に触れ合う機会を持つようにしています。そこで今年の幼児遊ぼう会では「いろいろな国を知ろう」をテーマに3つのコーナーに分かれ親子で遊びました。

 

触れ合い遊び(いろいろな国の挨拶)

 

日本、モンゴル、フィリピン、中国、インドの5つの国の挨拶や挨拶の仕方をクイズにしました。クイズは、挨拶、挨拶の仕方を表示して、それはどの国かを当ててもらいました。その後、「あくしゅでこんにちは」の歌に合わせて、親子で触れ合い遊びをしました。クイズでは、いろいろな国の答えが出ることで笑いが起きたり、触れ合い遊びでは、自分の家族だけでなく、違う人とも触れ合い、和やかな雰囲気の中行うことができました。

 

ゲーム遊び(いろいろな国の遊び)

 

 

“ジャンケン“や“あたまかたひざポン“の手遊びの振り付けを韓国語や英語で歌いながら表現しました。また、だんだん早くなるリズムに合わせて子どもも大人もリズムに合わせようと必死になっていました。集団遊びでは、“ロンドン橋“の韓国版“ナンデムンノリ“や様々な国のジャンケンで行うジャンケン列車を親子でしました。遊びの中では、勝ち負けに一喜一憂する姿が見られました。

 

制作(コマ作り)

 

制作のコーナーでは、好きな国の国旗を選び、親子で協力をしてコマに国旗を描きました。「どの国にしようかな?」や「この国に挑戦しよう」と難しい国旗を選ぶ親子もいました。コマが完成するとみんなで回して遊びました。国旗の模様がきれいに回り、色々な色が使われている国旗は色鮮やかに回っていました。どこの国が一番長く回ったか対戦もしました。子どもたちが選んだ国は、日本と韓国が多かったです。

 

親子で遊んだ後は、各クラスに分かれて給食参観試食会をしました。

 

普段子どもたちは給食をどのように食べているか、当番活動や配膳の仕方等どのようにしているかを見てもらい、保護者の方には少量ではありますが普段食べている給食を試食してもらいました。給食室からも見に来てくださり保護者の方から家での食事の悩み等を聞いたり、メニューの説明や家で簡単に作れる料理等の話をしてもらいました。

03/07 お別れ散歩

2019年3月7日

3月で卒園する5歳児と0~4歳児でお別れ散歩があり、一緒に遊んだりお弁当を食べて過ごしました。

本来ならば東中川グラウンドまで散歩に行き遊ぶ予定でしたが、前日の夜からの雨でグラウンドにたくさんのみずたまりができていたので、今回は園庭と保育室で行いました。

初めに5歳児の自己紹介をしました。一人ひとりマイクを持ち、自分の名前と4月から通う小学校名を話しました。緊張する姿も見られましたが、みんな大きな声で自己紹介ができました。

   

ダンスは5歳児が見本になり前に出てみんなが大好きな「パプリカ」を踊りました。

 

1つめのゲームは乳児クラスと5歳児で『電車ごっこ』をしました。
箱車やフラフープに乳児クラスの子どもが入り、5歳児が引っ張ったり後ろから優しく一緒に進んでいく姿が見られれました。

   

2つめのゲームは保育士と5歳児で『猛獣狩りにいこうよ』のゲームをしました。

お題で出たワードの文字数と同じ人数になるようにグループを作っていくルールです。

みんな負けないように「あと一人!」とお友だちを呼んでいました。

 

3歳児と5歳児は『しっぽ取り』をしました。
3歳児と5歳児で手をつなぎ、どのチームが一番多くしっぽを取れるか競争しました。みんな自分のしっぽを取られないよう一生懸命に逃げていました。

 

 

 

4歳児と5歳児は『混合リレー』で対決。
2チームで対決しました。どちらも負けないように真剣な表情で走っていて、他のクラスの子どもたちもテラスから「頑張れー!」と応援していました。4,5歳児の担任の先生も参加し、大盛り上がりでした。

   

 

最後は子どもたちが楽しみにしていたお弁当タイム!
お弁当箱を開けると「うわ~!」と目を輝かせる子どもたち。「ほら見て!」と持ってきたお弁当をお友だちや保育者に嬉しそうに見せて、食べ終わると『おいしいかった~』と喜んでいました。朝早くからのお弁当のご用意ありがとうございました。

   

02/21 くるみ愛育園、くるみ小規模保育園 交流会

2019年3月5日

姉妹園のくるみ愛育園さんとくるみ小規模保育園さんの2歳児クラスの子どもたちが来園し、たんぽぽ組(2歳児)と交流会を行いました。

 

 

園庭で2つのグループに分かれ『しっぽ取り』と『むっくりくまさん』のゲームをしました。『しっぽ取り』は、一人ずつズボンの後ろからしっぽになる紐をたらして走るゲームです。鬼になると「待て~!」と追いかけてたくさんしっぽを取ることができると「こんなに取った!」!と喜んでいました。しっぽを付けて逃げる子どもたちは、取られないように真剣な表情で一生懸命逃げていました。また、『むっくりくまさん』のゲームは『かごめかごめ』によく似ていて、手を繋いで輪になり歌に合わせて回ります。眠っているくまさんが起きたら「ガオー!」と追いかけるくまさんと逃げる子どもたちです。逃げる子どもは「キャ~、食べられる!」「くまさん怖い~」と笑いながら逃げて楽しむ姿が見られました。

ゲームの後はみんなでお茶タイム。少し照れながらも話しかけてみたり名前を教えたり微笑ましい姿も見られました。最後に各保育室の見学もしてもらい、終始笑顔で交流会に参加する事ができました。

 

また遊ぼうね。さようなら…

02/15 思い出遠足(キッズプラザ大阪)

2019年3月5日

2月15日に5歳児がキッズプラザ大阪へ思い出遠足に出掛けました。

キッズプラザ内では、子どもの街というエリアで、お寿司屋さん・たこ焼き屋さんなどのお店屋さんになったり、警察官やお医者さんになりきって遊んでいました。

キッズマートでは、買い物かごに3つの食べ物を選んできて、レジに通すレジ体験もすることができました。レジに通すとレシートが出てきて、ちょうど1000円だと”ピッタリ賞!!”というスタンプを押してもらいました。

 

 

遠足の一つの楽しみでもあるお弁当タイム!!

『今日はこんなお弁当!』『好きな食べ物入れてもらったよ』と嬉しそうに見せてくれたり、美味しそうにおかずを頬張っていました。

朝早くよりお弁当の準備をしていただきありがとうございました。

 

お弁当を食べて、再び遊ぶパワーを補充した子どもたちは午後は文化のコーナーや科学のコーナーで遊びました。

様々な国の衣装に身を包んだり、民族楽器を演奏したりして楽しむ姿が見られました。

帰る前にはキッズプラザ大阪の目の前にある扇町公園に寄ってから帰ってきました。

扇町公園には大小様々な滑り台があり、中でも一番大きい滑り台の滑走速度に子どもたちは驚いて顔が強張っている子どももいました。

それでも『楽しかった!』『もう一回滑りたい!!』と何度も友だちや保育者を誘って滑る姿が見られました。

 

5歳児にとって交通機関を使っての遠足はこれで最後になってしまいました。今回の遠足が子どもたちの楽しい思い出となってくれれば幸いです。

02/01 節分の集い

2019年3月5日

節分の日の集いに参加しました。

各クラスで制作したお面紹介では、緊張しながらも自分が作った鬼のお面を紹介してくれました。

 

 

また、保育士の出し物「節分クイズ」では、節分の由来を内容とした3択問題に挑戦しました。鬼が問題を出し、答えはみんなで考えます。また、恵方巻の作り方をフェルトで作った恵方巻を見本に使って作り方を説明すると「それはたまごやな!」「きゅうりかな~」と自分たちで具材を考えながら楽しんで見ていました。

 

そして待ちに待った豆まき!鬼が出てくるまでは「全然怖くないで!」「豆いっぱい投げる!」と意気込んでいた子どもたちですが、鬼が登場すると泣いてしまったり慌てて保育者の後ろに隠れたりと鬼から逃げる子どもたち。その中でも豆を一生懸命投げる子どもたちもいました。

鬼が帰ると「びっくりしたな」「怖かった~」などたくさん話をしてくれました。

 

       

給食では乳児はちらし寿司、幼児は手巻き寿司を食べました。
幼児クラスでは「何入れようかな~」と悩みながら具材を選んで上手に自分で巻く姿が見られました。
また、ぞう組では今年の恵方『東北東』を向きながら食べていました。

 

 

 

今年の子どもたち一人ひとりの無病息災を願っています。

 

0.1.2歳児 保育参観・給食参観試食会

2019年3月5日

1/30に0歳児、2/5に1歳児が保育参観・クラス懇談会・給食試食会を行い、2/7に2歳児が保育参観・給食参観試食会を行いました。
各クラスでは、歌や楽器あそび、絵本を題材にした表現あそび等を保護者の方に見ていただきました。

≪もも組(0歳児)≫

朝の会では、『豆まき』『りんごがゴロゴロ』などの歌をうたいました。歌に合わせて身振り手振りをつけて楽しんでいました。また、楽器遊びでは『山の音楽家』に合わせて手作りのマラカスをシャカシャカ上手に鳴らす姿が見られました。名前呼びでは自分の名前を呼ばれると「はーい!」と元気に返事をしてくれていました。
子どもたちが大好きな絵本『あーんあん』を題材に表現遊びもしました。泣き出してしまうことなく「おいでー!」とお友だちを呼ぶ姿や元気いっぱい体操する姿を見てもらうことができました。

   

≪ちゅうりっぷ組(1歳児)≫

初めは保護者と離れることが寂しく泣いてしまう子どもも居ましたが、徐々に雰囲気に慣れてくると季節の歌や子どもたちが大好きな『いぬのおまわりさん』等身振り手振りをつけながらうたうことができました。

また、『ぱっくんわにさん』の絵本を題材に子どもたちはワニに変身して表現遊びをしました。表現遊びの中で自分で頑張ってズボンを履いたり服のマジックテープやスナップボタンをとめたりする姿が見られました。「お名前は?」と聞かれると恥ずかしそうにしながらも自分の名前を答えることができていました。不安そうな表情を浮かべる姿も見られましたが、徐々に手を振ったり大きな声で歌ったりと笑顔が見られるようになりました。

   

≪たんぽぽ組(2歳児)≫

朝の会や名前呼び、漢字あそびの様子を見ていただき、歌『どんないろがすき』『ぞうさんのぼうし』楽器あそび『さんぽ』劇あそび『どうぞのいす』をしました。

保護者と離れて泣いてしまったり緊張する子どももいましたが、大きな声でうたったり返事をしたりと頑張る姿が見られました。
『どうぞのいす』の劇あそびでは、「参観頑張る!」と意気込んでいた子どもたちですが少し緊張で声が小さくなってしまう姿もありました。緊張しながらも台詞を言ったり歌をうたったり楽しむ姿も見られました。参観が終わってから「緊張した。」「恥ずかしかってん。」と保護者や保育士に話をしてくれていました。

   

給食参観試食会では、保護者の方と一緒に給食を食べることで泣いていた子どもたちも笑顔に戻っていました。また、当番活動で給食の配膳をしている姿を見てもらい、子どもたちはいつもより張り切って取り組んでいました。「お箸上手に使えてる!」と保護者の方に褒めてもらったり「これ美味しいな」と会話を楽しんだりしながら和やかな雰囲気で給食を食べていました。

 

今回の参観を通して、保護者の方々に子どもたちの普段の様子、また一年間の成長の様子を見ていただけたように思います。

1/17 災害訓練

2019年2月7日

今月は地震を想定した避難訓練を行いました。また、今回購入した防災頭巾を初めてかぶり、東中川グラウンドへ避難しました。

 

東中川グラウンドでは園長先生から24年前の1月17日に起こった阪神淡路大震災の話を真剣な表情で聞き、保育園に帰ってきてからも「地震の時は先生の話聞かなあかんな。」と話をする姿が見られました。

 

1 / 41234
ここをタップすると電話ができます
06-6751-3940