東生野愛育園は、大阪市生野区の保育園です。 東生野愛育園は、お子様の健康と健やかな心を育み、子育てに貢献しています。

社会福祉法人 成光苑

02/03 節分の集い

2020年2月27日

節分の日の集いに参加しました。

各クラス、自分たちで作った鬼のお面を緊張しながらもみんなに紹介してくれました。

 

 

保育者の出し物では劇をしました。怒りんぼう鬼の赤鬼が登場し、みんなの中に怒りんぼうや意地悪なお友だちはいないかと聞かれると「いない!いない!」と必死で答えていました。また、恵方巻きの作り方をフェルトで作ったものを見本にして、説明をすると「きゅうりかな?」「おいしそー!」と自分たちで考えながら楽しんで見ていました。

 

そして豆まきの時間がやってきました。

みんな恐がりながらも勇気を出して「鬼は外!福は内!」と言って豆まきをし、見事赤鬼と青鬼を追い払いました。

 

 

給食では乳児はちらし寿司、幼児は手巻き寿司を食べました。

幼児クラスでは「ごはんこれくらいかな?」と言いながら自分たちで巻きずしを巻きました。

 

 

 

0.1.2歳児 保育参観・給食参観試食会

2020年2月27日

1月29日に0歳児、2月4日に1歳児、2月14日に2歳児が保育参観クラス懇談会、給食試食会を行いました。

各クラスでは歌や楽器あそび、絵本を題材にした表現あそび等を保護者の方に見て頂きました。

≪もも組(0歳児)≫

いつもと違う雰囲気に戸惑う子どもたちの表情が見られました。近くにお家の方がいらっしゃるので、泣き出す子どももいましたが、ピアノの音が聞こえてくると、身振り手振りで表現してくれる姿を見せてくれました。お家の方も手拍子で場の雰囲気を盛り上げてくださったり、温かい眼差しで応援してくださったりしたことで、和やかに保育参観を行うことが出来ました。

   

≪ちゅうりっぷ組(1歳児)≫

「うずらちゃんのかくれんぼ」の絵本を題材に表現遊びをしました。ズボンを一人で履いたり、「お名前は?」と聞かれると恥ずかしそうに自分の名前を言ったりしていました。日頃からかくれんぼが好きで遊んでいるので、表現遊びでは「見つけた」「わあ!見つかっちゃた」と友だちと一緒にかくれんぼを楽しんでいるところを見てもらえました。

 

 

≪たんぽぽ組(2歳児)≫

当日は漢字あそび「ライオンと鼠」、打楽器奏「にんげんっていいな」、劇あそび「もりのおふとん」をしました。いつもと違う雰囲気に泣いてしまうお友だちもいましたが劇あそびでは元気よくセリフを言って最後まで頑張って参加してくれました。

 

 

 

また。その後のクラス懇談会・試食会では、保育参観の感想をお聞きし、一年間の子どもの成長を喜んでくださったことを感じました。子どもたちが、いつも食べている給食を召し上がっていただき「おいしいです」「ちょうどいい味付けですね」という声が聞かれました。

 

 

01/24 幼児遊ぼう会・給食参観・試食会

2020年2月27日

1月24日に幼児遊ぼう会・給食参観・試食会をしました。

今年度は「みんなで考えよう防災について」をテーマに、ゲーム遊びや○×クイズ、制作を3つのコーナーに分かれて親子で遊びました。

〇×クイズ

 

以前保護者の方にご協力頂いた「防災にいて」のアンケート結果や保育園に備蓄している備蓄品の紹介をしました。その後は地震や火災などの災害についてやその際の避難の仕方についての〇×クイズをしました。問題を見ながら「どっちかなー?」と親子で考えて答えてくれました。

 

防災カルタ

 

ゲーム遊びのコーナーでは防災カルタをしました。災害時に役立つ知識が描かれたカルタで、遊びながら防災について学べるものです。まわりのお友だちに負けないように読み札と同じ札を探し、見つけたお友だちは元気よく「はい!」と言いながらとっていました。

 

制作(新聞紙でスリッパを作りました)

 

制作コーナーでは災害時に役立つものとして、身近にある新聞紙を使ってスリッパを作りました。たくさんの人が避難する避難所では、スリッパが足りないこともあるので、新聞紙を使って簡単なスリッパを折ることができれば、足の汚れなども気にせず歩けます。完成後は、大きな地震後を想定した、落下物の散乱する道路に見立てた石付きのボードの上を、親子で歩いてもらいました。

 

親子でたくさん遊んだ後は地震を想定した避難訓練を行いました。頭上に注意しながら親子で身を守りました。その後は災害救助用のクラッカーをみんなで食べました。当日はご協力ありがとうございました。

 

 

その後は給食試食会をしました。

 

当番活動や給食を食べる姿など普段の様子を見てもらい、保護者の方には少量ではありますが普段子どもが食べている給食を試食してもらいました。

 

01/15 防犯教室

2020年1月21日

先日、大阪府警察本部安全対策課防犯総括第二係の「生活安全指導班」から女性警察官3名と生野警察官1名の方に来園して頂き、誘拐被害防止をテーマに全園児に防犯教室をして頂きました。

 

 

子どもたちが誘拐等の被害に遭わないために気を付けて欲しいことを着ぐるみ等を使い、劇を見ました。不審者の登場に少しびっくりした子どもの姿も見られましたがすごく集中して真剣に見ていました。

   

劇の中では参加型ロールプレイング方式で子どもたちと一緒に犯人のモンタージュ写真を作り、「目は違う!」「青い服着てカバン持ってた!」としっかりと犯人の事を思い出し、伝えていく姿が見られました。

 

「5つのおやくそく」の絵カードを見ながら知らない人にはついていかない事や大声を出すなどの約束を知った後、実際に代表の子どもたち2名が前に出て、不審者が現れたことを想定して「助けてー!」と大声を出す練習をしました。

   

最後は「ついていかない体操」を警察官の人と一緒にしました。

01/10 新年こども会

2020年1月20日

 

新年を迎えて、初めての行事「新年子ども会」に0歳児~5歳児が参加し、お正月遊びをしました。

最初に「ゆきのうた」「たこのうた」を歌い、その後、保育者があやとりやおて玉等の遊び方を知らせ、コマ回しや福笑い、あやとり、かるた、すごろく、羽根つき等各コーナーに分かれて遊びました。

  

 

 

<風船つき、羽根つきコーナー>

乳児クラスは手作りの羽子板を使って風船をつきました。「えい!」「ポーン!」と言いながら風船を楽しくついていました。3~5歳児は、羽子板と羽根を持って、友だちや異年齢児と「一緒にしよう~!」と声を掛けながら打ち合いをしました。続けられると「先生できた~!」と喜んでいました。

    

 

<すごろく、かるた、おてだまコーナー>

異年齢児でカルタをする時は、4・5歳児が読み札を読んだり、また、小さいクラスのお友だちが探していると「こんな字やで!」と優しく教えてあげる姿が見られました。すごろくでは、サイコロを振り「あ~1回休みや~!」「こんだけ進めた~!」と言ったりしながら楽しんでいました。

 

 

<福笑い、コマ回し、あやとりコーナー>

福笑いでは、目隠しをしているお友だちに「これは目やで!鼻やで~!」と教えてあげる姿が見られ、出来上がりを見て大笑いしていたり、コマ回しでは、紐の巻き方を教えてもらい、「難しい~!」「どうやるの~」と何度も挑戦をして回し、出来るようになると「先生~できた~!」と大喜びをしていました。乳児クラスのお友だちは手回しコマや世界のコマに挑戦し、出来ると「お~!」と喜んでいました。あやとりでは、保育者が作る橋やほうき等を見て「やりたい~!」「どうやってするの~?」と聞きながら挑戦していました。

 

 

最後は、できるようになったことを少し緊張しながらみんなの前で披露し、拍手をもらいました。

 

 

 

12/24 クリスマス会

2019年12月28日

5歳児のキャンドルサービスで厳かな雰囲気の中、クリスマス会が始まりました。

 

最初は各クラスからの出し物です。0.1歳児は中国語の「ジングルベル」に合せて手作り楽器遊びを披露し、2歳児は「アキレスケンタウルス体操」を可愛く踊ってくれました。3~5歳児は縦割りでダンスを3曲披露してくれました。最後に5歳児が鍵盤ハーモニカ奏で「聖者の行進」を二重奏で演奏しました。

 

 

保育士劇で「森のサンタクロース」を観ました。ライオンとうさぎさんがサンタさんに会いに行くお話です。お話が終わると「シャンシャン♪」と聞こえてきて・・・

なんと!サンタさんが来てくれていました!せっかく会えたのでサンタさんに質問をしました。『どんな子どもが好きですか?』と子どもが質問するとサンタさんが『保育園の子どもたちみんな大好きだよ』と答えてくれてみんなニコニコ嬉しそうな照れた顔をしていました。

一人ひとり、サンタさんからプレゼントをもらって子どもたちは『ありがとう』と言って嬉しそうにしていました。

 

給食とおやつはバイキング形式で食べました。『からあげおかわりしようかな~』と色々自分の好きなものを選んで食べて『お腹いっぱい!!』と満足そうな子どもたちでした。

 

12/17 キッザニア甲子園遠足(5歳児)

2019年12月28日

キッザニア甲子園へ遠足に行きました。色々な仕事の体験ができるとあって、子どもたちも行く前からとても楽しみにしていました。

 

 

 

 

職業によって着る制服も違うのですが、制服を着ると子どもたちの表情も変わり一生懸命お仕事に取り組む姿が見られ、可愛かったです。また、後半になると『一人で行く』と言って、一人でも体験ができるようになりました。

今回たくさんのお仕事を体験する事ができたので、『これ、面白かった!』『また、してみたいな』と、言う姿が見られました。

キッザニア甲子園での仕事の経験が、将来の仕事を選ぶきっかけに繋がればと思います。

12/11 発表会(3・4・5歳児)

2019年12月28日

幼児クラスで発表会を行いました。

<3歳>

歌「ホ!ホ!ホ!」「かわいい魚屋さん」合奏「小さな世界」劇あそび「おおかみと七ひきのこやぎ」をしました。最初は歌の歌詞や劇あそびのセリフなどなかなか覚えられないこともありましたが、当日はたくさんのお客さんの前で緊張をしながらも頑張る姿が見られました。

 

<4歳>

和太鼓「Get wild」歌「ハッピーソング」「ドレミのまほう」「うさぎとかめ」合奏「序曲ードラゴンクエストー」劇「アリとキリギリス」をしました。アリとキリギリスではかわいい衣装を着て役になりきり、最後まで楽しんで演じていました。

 

 

<5歳>

和太鼓「雲外蒼天」鍵盤ハーモニカ「聖者の行進」歌「歌えバンバン」「里の秋」「きみとぼくのラララ」劇「オズの魔法つかい」をしました。劇では長いセリフやナレーションもしっかり覚え、自信を持って演じていました。

 

 

<縦割り>

ラプンツェルグループ「くまのプーさん」キャンディグループ「アロハ・エ・コモ・マイ」ハートグループ「ミッキーマウスマーチ」の曲でダンスメドレーをしました。

ダンスは朝の生野タイムの時間や縦割り活動で取り組み、5歳児や4歳児は3歳児に振りを教えてあげたり、移動をする時、手を繋いであげたりする姿が見られました。

 

<フィナーレ>

フィナーレでは「世界中の子どもたちが」「パプリカ」を歌いました。パプリカは生野タイムでもダンスをしていた曲なので元気よく歌っていました。

11/26 小路小学校 国際理解発表会・小路っこマダン(5歳児)

2019年11月29日

小路小学校で行われた、国際理解発表会に参加しました。

午前中は、体育館にて、各学年の民族発表を見ました。民族楽器を使った演奏や世界の挨拶クイズなどもあり、答えがわかると、「知ってるー!」と大きな声で答えていました。

 

午後からは小路っこマダン(広場)と言って児童が主体となって各学年ごとに世界の色々な遊びが出来るイベントでした。日本の福笑いや中国のハンカチ回し、バングラデシュのティングティなどの遊びを、小学生のお兄さんお姉さんが優しくルールを教えてくれたので、子どもたちも楽しく参加が出来ました。

 

 

11/26 消防署立ち合い避難訓練

2019年11月29日

生野消防署より消防士さんに来て頂き、近隣の民家から出火想定のもと、火災の避難訓練をしました。

消防士さんには普段している訓練の姿を見て頂きましたが子どもたちは落ち着いて煙を吸わないよう鼻や口を手で押えながら避難し、乳児クラスは保育者に援助されながら避難することが出来ました。

消防署の方から消火器の使い方を教えていただき、実際に職員が消火器を持ち、目印に向かって消火訓練を行いました。

「がんばれー!」と大きな声で応援する子どもの姿が見られました。

訓練後は消防車がどのような車なのか見学させてもらったり、消防士さんと一緒に写真を撮りました。子どもたちは「すごい!」や「タイヤ大きい!」ととても驚いていました。

 

 

1 / 712345...最後 »
ここをタップすると電話ができます
06-6751-3940