東生野愛育園は、大阪市生野区の保育園です。 東生野愛育園は、お子様の健康と健やかな心を育み、子育てに貢献しています。

社会福祉法人 成光苑

01/30・02/01・02/06 乳児クラス保育参観

2018年2月10日

1/30に1歳児、2/1に2歳児、2/6に0歳児が保育参観を行いました。

今回は各クラス楽器あそびや表現あそび、劇あそびを保護者の方に見ていただきました。可愛らしい衣装を着て、参加している様子をお届けします。

《もも組(0歳児)》

朝の会では、「豆まき」「こぶたぬきつねこ」などの歌を唄いました。歌に合わせて『ブーブー』『ポンポコポン』と振りを真似する姿が可愛らしかったです。名前呼びや立腰をしている姿も見ていただき、自分の名前を呼ばれ、元気に返事をしてくれていました。

また、子どもたちが大好きな絵本「だるまさんが」の表現あそびをしました。『だ・る・ま・さ・ん・が』に合わせて身体を左右に揺らしたり、『だ・る・ま・さ・ん・の・”け”』で『髪の毛はどこかな?』と聞くと、友だちの髪の毛を触って『ここ!』と教えたりする姿が見られました。参観の最後には、子どもたちのお気に入りの「わーお!」の体操を楽しんで踊っていました。

 

《ちゅうりっぷ組(1歳児)》

参観が始まると、初めは保護者と離れて寂しそうな表情を浮かべる姿も見られましたが、徐々に手を振ったり大きな声で歌ったりと笑顔が見られるようになりました。

絵本「もりのおふろ」を題材にした表現あそびでは、ぞう・うさぎ・ぶた・ねこ等の動物になりきって手遊びや体操を披露しました。『お名前は?』と聞かれると普段は大きな声で答えている子どもも人前ということもあり恥ずかしそうに自分の名前を答えていました。

 

《たんぽぽ組(2歳児)》

立腰・漢字あそびの様子を見ていただき、楽器あそび「アイアイ」劇あそび「おべんとうバス」をしました。

「おべんとうバス」ではハンバーグやたまごやき、おにぎりなど様々な食べ物になりきって、『まるくてちゃいろのハンバーグくんです!!』など台詞を言ったり歌を唄ったりして楽しむ姿が見られました。保護者の前で恥ずかしそうにしている子どももいましたが、頑張って表現していました。

 

今回の参観を通して、保護者の方々に子どもたちの普段の様子、また一年間の成長の様子を見ていただけたように思います。

02/02 節分の集い

2018年2月7日

節分の日の集いを行いました。

各クラスが集まり、制作した鬼のお面を紹介しました。人前で緊張しながらも、自分が作った鬼のお面を紹介してくれました。

 

また、パネルシアター「豆まき」では、怒りんぼ鬼・泣き虫鬼・食べすぎ鬼・病気鬼・怪我鬼などが登場し、身体の中にいないか??など子どもたちに問いかけながら、『おにはーーそとっ!!』の大きな掛け声で鬼を退治していきました。

 

豆まきを乳児クラスは新聞紙で作った豆、幼児クラスは本物の豆でしました。

 

 

鬼が出てくるまでは、『怖くないで』『やっつける!』と意気込んでいた子どもたちでしたが、鬼が登場するとびっくり!!

鬼が近づくと、泣いてしまい持っていた豆をばら撒いている子どももいましたが、勇敢に豆を投げている子どもたちもいました。

 

鬼が帰っていくと、『怖かった』『怖かったけど楽しかった』など話してくれていました。

今年の子どもたち一人ひとりの無病息災を願っています。

01/26 幼児遊ぼう会

2018年2月5日

幼児遊ぼう会が先日行われました。たてわりで幼児クラスが3グループに分かれ、3つのコーナーを回りました。

各コーナー毎の様子と、幼児遊ぼう会後に行われた給食参観・給食試食会の様子をお伝えします。

《制作》

「おべんとう」の絵本を見てから、保護者の方と一緒にお弁当作りをしました。
フェルトや毛糸でおにぎり、玉子焼き、たこさんウインナー、ポテトサラダに見立てて作りました!中には、たこさんウインナーに顔を書いている方もいて、親子で協力し素敵なお弁当が完成しました♪

 

また「のりまき」の絵本に出てくるのりまきをフェルトやひもなど、百円均一ショップで揃えられる身近なもので再現してみました!
『本物みたい!』『マグロ入れよ!』と楽しんで「のりまき体験」していました。

《怪我について》

怪我のコーナーでは、親子で5.6グループに分かれ、園庭や保育室で危険な場所を考えてもらいましたが、どのグループも園庭では『雲梯・鉄棒はマットを敷かないと危ないね』や室内では『椅子を正しく持つ』など、どのグループもたくさんの意見が出ました。

 

 

チャイルドビジョンという眼鏡で子どもの視点を体験してもらったり、少しでも怪我に対して「気を付けよう」「自分の身は自分で守る」ということに繋がればと思います。

《絵本・触れ合い遊び》

親子のコミュニケーションの一つとして、座布団読みが紹介され子どもたちは保護者のひざの上に座って絵本を読んでもらいとても嬉しそうにしていました。

 

 

「ぴょーん」という大型絵本の読み聞かせを楽しんだ後は、絵本に登場した動物や虫の真似をして表現遊びをしました。『ぴょーん!』とジャンプをしたり、親子で一緒にジャンプをし、親子での触れ合いを楽しみました。

《給食参観・給食試食会》

子どもたちが給食を食べている様子を保護者の方々に見ていただきました。少量ではありますが、保護者の方に給食を試食してもらい、試食をした保護者からは『おいしい』『味付けが良い』など感想をいただきました。
また、家庭での食事の様子を聞くと、『家ではこんなに野菜を食べているところを見たことがない』など様々な話を聞くことができました。

 

子どもたちも保護者の方と一緒に食べることができ、喜んで食べていました。

ここをタップすると電話ができます
06-6751-3940